声優に恋して

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声優に恋して

アラサーオタクです。声優オタクです

雨ニモマケズの続きにグッと来たので紹介してみる

どもども、こんばんは~、きりはです(*'ω'*)
図書館に行き、しこたま本を借りてきたので、当分は読む本に困ることはないと思います
でも、貸出期限を過ぎちゃったり、読まないまま返却するパターンが多いのですが
情けない&申し訳ない

宮沢賢治の雨ニモ負ケズ

NHKの100分 de 名著って番組ごぞんじですか?
文字通り、百分で名著を解説してくれるという番組です
名著というとむずかしいそうに聞こえるかもしれませんが、非常に分かりやすく説明してくれて、
エンターテイメントみたいな面もあります
この番組、宮沢賢治を取り上げていて、すっかり宮沢賢治にかぶれてしまいました
雨ニモ負ケズって詩は、有名なので冒頭部分は知っている人が多いと思いますが、

この詩の続きを知らない人もいるんじゃないかな

心にガツンと響く短い詩なのでぜひとも読んでみてください
※こちらの青空文庫のリンクで読めます
この有名な詩は、病床にあって、
死を覚悟していた賢治が手帳に書き記したものです
この詩は、サウイウモノニ ワタシハナリタイ(そういうものに私はなりたい)と締めくくっています
死を間近に控えた賢治は、何を思ってこの詩を残したのでしょうか?
賢治は、高い理想を持っている人です
雨ニモ負ケズは、「こういう風に生きたい!」という賢治の高い理想とパッションが伝わってきます

心にぐっときたフレーズ

この詩を読んで、衝撃を受けたのはこのフレーズでした

慾(よく)ハナク
決シテ瞋(いか)ラズ
イツモシヅカニワラッテヰ(い)ル
私は、この真逆だからです
大なり小なり人間、欲があるものですが、私は欲深い方だと思います
見栄っ張りで自分を上に見せようとしてウソを平気でついたり、
欲のまま、たくさん買い物をして、あとから後悔したり
楽をしたいし、面倒ごとは避けたいし、欲ばっかりの人間です
「決して怒らず」とありますが、自分にも他人にも怒ることがしょっちゅうあります
それは理想が高いことの裏返しでもあると考えています
基準が高いから、それに達していない自分や他人に対して怒ってしまう
以前、「理想が高すぎる」と言われ、
カチンと来て、理想が高いことがなぜ悪いと思いました
けれど、最近になって、理想が高いのはかまわないが、
その理想を他人に押し付けるのは違うんじゃないかなって考えにシフトしてきてきました
いつも静かに笑っている
私はドロップアウトしちゃった人生や、無職の療養中という現状に不満があります
そのせいか、喜怒哀楽でいったら、喜と楽があんまりなくて、
怒っているか、悲しんでいることが圧倒的に多いです
いつも静かに笑っているって、私のイメージ的には神様仏様の領域です
煩悩ばかりで悟りを開いていない(笑)欲深なわたしには、
ひっくりかえってもできないことです
けど、それができたら、とっても素敵なことだと思いませんか?

まとめ

宮沢賢治の作品は、
正直子供っぽく好みじゃないと思っていたのですが、
番組や作品に触れてみて、賢治の事をもっと知りたい、
作品をもっと読んでみたいと思いました
以上、きりはでした